モンゴルのGDP、商品、成長:上昇相場

Oliver Nicoll
Author Oliver Nicoll

Jan 7, 2019 12:12:25 PM / マーケットインサイト

モンゴルのGDPは2011年の17%から1.6%急上昇し、先進国の飽和経済を上回る5%以上の成長率を達成した。国のGDP状況を把握し、米国の商品輸出市場について簡単に触れる予定である。

 

モンゴルのGDP成長率(年率%)

モンゴルのGDP 出所:世界銀行(2018-2020推定値のみ) 

 

2012年の選挙サイクルは政治的対立と法的改革を引き起こし、鉱物分野での外国投資に制約をもたらした。また2012年から2016年の期間は中国の景気減速が世界の商品価格に下押し圧力をかけ、モンゴルの鉱物輸出の収益性を制限した。新たな投資促進法、コスト削減インフラプロジェクト、中国の鉱物価格の回復によりモンゴルは現在強い成長レベルを取り戻している。モンゴルは他の新興国と比較して2015年と2016年を除いた過去数年間でGDP成長率を上回っていた。将来、IMFはより少ないサイクルでの経済の創出を支援し、モンゴルでの年率8%の成長率が維持されることを期待している。

 

相対的な実質GDP成

モンゴルの相対的な実質GDP成長

 出所:世界銀行

 

国の過去また未来の業績は、鉱物資源部門と大きく関連している。モンゴルは現在、1兆3000億米ドルを超える資産を保有していると推定されている。ゴビ砂漠南部にある巨大なオユ・トルゴイ銅金鉱山だけでも3,700万トン(810億ポンド)以上の銅と1,431トン(4,600万オンス)以上の金が含まれていると推定されている。現在未確認であると考えられる多くの埋蔵量が抽出されており、中期的にはこれがモンゴルのGDPに大きく貢献する可能性がある。しかしモンゴルを純粋に天然資源経済とみなすのは誤りである。鉱業と関連活動はGDPの20%強だけを占めており、依然として農業国家である。 鉱業部門は主に流動性を生み出すエンジンとして機能してきたが、経済のほかの部門の需要を刺激してきた。実際、近年小売、情報通信、不動産、金融部門の拡大ペースは鉱山部門よりも大幅に速くなっている。

 

部門ごとのモンゴルのGDP 

部門ごとのモンゴルのGDP

出所:モンゴル国家統計局

 

モンゴルの重要な国際基準に対するパフォーマンスは混在している。

「腐敗認識指数」の持続的な改善の後、2017年にそのランキングから順位を下げた。これが他国の改善されたパフォーマンスが主な理由なのかは不明である。しかし、いくつかの多国籍企業によるモンゴル政府との激しい交渉が自信を喪失させた可能性がある。

 

残念なことに、世界銀行の「Doing Business」分析だけでなく国連の「人間開発指数」も順位を落とした。人間開発指標に対する進展は、経済的な困難により追い詰められており2017年の改善がまだ波及さえていないようである。民主的な模範の経済学者による分析は、近年の政党間の平和的な権力移転のためにモンゴルにとってさらなる改善を示した。モンゴルは再び世界的な競争力の向上を示したのである。おそらく最も重要な指標の一つで、政府と産業の両方から歓迎され、これは双方の努力の証でもある。 

 

測定 

 以前の  以前の  変化

トランスペアレンシー・インターナショナル「腐敗認識指数」

87

102

15 ↓

世界銀行「Doing Businessレポート」

56

62

6 ↓

国連「人間開発指数」

90

92

6 ↓

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット「民主主義指数」

61

60

1 ↑

世界経済フォーラム「世界競争力」

104

101

1↑

 

取得配分の不平等を測定するジニ係数は、モンゴルについては100点中の約34点であり、米国のような先進国よりも有利である。所得平等の拡大という見方にも関わらず、広範な経済拡大が一般市民にまで波及してきた。

過去10年間の平均賃金は8倍以上にまで上昇し、消費者経済の急成長をもたらした。モンゴルで小売店や外国料理を提供するレストラン、豪華な住宅の開発などが増え、その結果優良な建物の不動産価値が著しく上昇した。

モンゴルの平均賃金

賃金上昇モンゴル

出所:モンゴル国家統計局

国際貿易

2017年の貿易収支総額は19億米ドルとなった。総売上高は前年同期比で27%増加した。輸出総額は前年比26%増の62億米ドルとなった。輸入額は29%増の43億米ドルとなった。

モンゴルは商品の88%を中国に輸出し、南部の近隣国からの需要に大きく依存している。輸入国は、中国やロシア、日本、ドイツ、韓国、アメリカなどである。モンゴルでは輸出品や貿易相手国の多様化が進んでいないため、中国に経済的困難が生じたり、商品の需要が減少したりすると経済は脆弱になる。

 

モンゴルの輸出入・貿易収支

モンゴルの輸出入・貿易収支

出所:モンゴル国家統計局

 

モンゴルの主な輸出品は、工業用品や貴金属を生産するために使われる鉱石である。銅は歴史的にそして現在も、エルデネットの鉱山また近年のオユトルゴイ鉱山の発展のため、モンゴルで最も重要な商品である。石炭は2017年には量と価値の両方において最も重要であった。輸出収入の重要なソースには、鉱石からの石炭や金、鉄、亜鉛の濃縮物および原油が含まれる。2017年のモンゴルの主要輸出額の総額は53億米ドルであった。

 

2017年輸出国                                                     2017年輸入国

    モンゴルの輸出入 モンゴルの輸出入

 モンゴルの輸出入 出所:モンゴル国家統計局

 

モンゴルのトップ輸出商品

モンゴル国家統計局

出所:モンゴル国家統計局;金、未加工または半加工品 

 

銅、石炭、金は引き続き最大のシェアを占め、2017年には合計で4,480億米ドルとなった。鉱業商品の輸出は、2016年と2017年に最初の4か月でそれぞれわずか10億米ドルと15億米ドルを上回ったのに対し、2018年は最初の4か月で20億ドル近くに上った。

銅価格は2017年に上昇する前、2016年までは減少していた。石炭は2017年には特に輝かしかった。金は2016年までは期待できたがその後2017年には落胆した。この重要な産業が発達するにつれて、経済成長に有意義な貢献をするだろう。二番目に重要な輸出品には、他の軽金属濃縮物やウール、カシミアから製造された繊維製品などがある。 

モンゴルのGDP、商品輸出および関連するトピックの詳細は無料の不動産レポートをダウンロードしてください。

Read 2017 Mongolia Real Estate Report

Subscribe to Email Updates

Download 2017 Mongolia Real Estate Report